パラパラチャーハンづくりの極意

家庭によってカレーの味が違うとよく言われるように、チャーハンも人によって作り方はまちまち。いかにパラパラで、米一粒一粒が立っているか。炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなります。

でも、なかなかお店で食べるようなチャーハンって作れないですよね。チャーハンをパラパラに仕上げるには、「マヨネーズ」と「卵半量」がキーワードなのだとか。

一粒一粒を

パラパラに仕上げるポイントは、
①マヨネーズを入れる
②卵半量を、卵かけごはんにしてから炒める
③あまりいじらず「焼きつける」イメージ
以上。

これらの目的は、ごはん粒に油膜をはり、焼き目をつけること。そうすることでパラっと仕上がり香ばしさもアップするのです。ちなみにマヨネースを入れることでコクが出て隠し味にもなります。もちろん、モチモチ系のお米よりも粒が立ったものを選んでくださいね。

材料:2人分

A 酒:大さじ2
  マヨネーズ:大さじ1/2
  鶏ガラスープの素:大さじ1/2
  醤油:小さじ1
  塩、こしょう:各少々
ハム:4枚
長ネギ:3〜4cm
卵:1個
炊いたごはん(温かいもの):300g
サラダ油:少々
万能ねぎ(小口切り):適量

Aをすべて混ぜ合わせ、ハムを短冊切りにし、長ねぎはみじん切りにしておく。

ごはんに卵半量だけ絡め、「卵ごはん状態」にします。ごはん粒のまわりに卵液を絡めておくことで調味料も絡みます。

フライパンにサラダ油を熱し、2を入れます。1と残りの卵も順に入れ、その都度少し混ぜながら焼きつけます。米の全面を焼くイメージです。