ハーレー・ダビッドソンの魅力

 世界的に知られる老舗高級バイクメーカーの米ハーレーダビッドソンは欧州連合(EU)による高関税を避けるため、欧州向けの生産を米国外に移すと表明しました。これに対してトランプ大統領が「決して他の国でつくってはならない、決してだ! 従業員も客も、とても怒っている」とツイートするなどバイク好きには唯一無二の存在。そのハーレーの魅力について探ってみました。

空気が揺れる鼓動感のあるエンジン音

 ハーレーのあのエンジン音はイケませんよね? 反則技と言って良いのでは無いでしょうか? 気になって仕方ありませんよね。あの圧倒的存在感は、周囲を揺るがすエンジン音にあると言えますね、強烈なんです!大排気量の空冷Vツイン(2気筒)から、発せられる独特のエンジン音!明らかに普通とは違う空気を揺るがすエンジン音なんです!

スタートダッシュが強烈

 バイクは見た目が、アウトローっぽい感じがしますね。特にハーレーは、その傾向が、モロ出ていますよね?
交差点で、アウトローなハーレーが信号待ちし、そして信号が変わると同時に、強烈な加速と空気を揺さぶるエンジン音、猛烈な振動でスタート!あっという間に見え方が点に変わります。こんな強烈な加速をするとは?誰も思いませんよね?
このギャップに魅せられてしまいますよね。

綺麗なメッキパーツ

ハーレーは純正の状態でも、かなり質の高いパーツが付いています。メッキが眩しいですよね。それがカスタムパーツになると、更に恐ろしく眩しいバイクに変貌してしまいます。特にエンジン周りのメッキパーツは凄いんです!エンジンってなかなか綺麗に磨くことが出来ない部分!そこがあれだけ綺麗に輝くと、最高のカスタムだと思いますね。反面、走行中、雨が降ると大変ですけどね。

悪ぶれたラフなデザイン

 ハーレーと言えば?やっぱりラフでちょい悪なイメージが似合います。これも凄い大きな魅力の一つだと思います。実際にハーレーのライダーズギア(バイク用の洋服)を見てみると、革製品でどちらかと言うと少し崩した様なファッションが似合いますよね!例えば、

●革で出来たズボン(チャップスと言う。後ろはGパン姿)
●先の尖がった革のブーツ(所々に金属が付いている)
●革のジャケット(ピッチリも似合うし腕からブラブラした革紐が付いているものも似合う)
●やっぱり半ヘルにサングラス(ワルな感じです)

ここに挙げた感じでハーレーに跨り、走り去っていく様は、

非常にカッコいいですよね!

大排気量

 排気量って言うのは大変大事なんです!小排気量と大排気量の違いや、乗り心地が大まかには分かります。
乗っていると、大排気量から来るゆとりが肌で感じ取れますね。ハーレーは大体が大排気量車。大きな排気量だと1,802ccにもなります。車で言うと。普通車の排気量です。取りまわしは重いですが、一旦走り出してさえしてしまえば、スムーズな走り出。大排気量から来る圧倒的なゆとりが体全身で感じ取れるハズです。排気量が大きいと、あまりエンジンを回さなくても、低回転で十分な走りが出来てしまいます。大きな車格と圧倒的な大排気量で、気分はイケイケドンドンです。まさにハーレーって感じですね!