MA-1についているレッドリボンの意味は?

近年流行中のMA-1。10年ほど前までは「おじさんが着ているジャンパー」で、ダサいと思われていましたが、最近ではよく見かけるファッションアイテムとして大流行しています。
さて、このMA-1の二の腕についている赤いリボン。皆さん、この赤いリボンの意味はご存知でしょうか?本トピックスはこの赤いリボンに関して調べてみました。

REMOVE BEFORE FLIGHT

REMOVE BEFORE FLIGHT。これは日本語訳で「飛行前に取り外せ」という意味。直訳の意味からも読み取れる通り、飛行機と関係しています。
航空機には地上にいる間には作動させてはならない機能や装置があります。軍用機の場合にはさらに爆弾やミサイルを搭載させており、発射させないようにしておかなければなりません。でないと自爆してしまいますからね。その注意を促すのがこのレッドリボンなのです。

MA-1は、フライトジャケットの一種

知ってる人も多いかとは思いますが、MA-1はフライトジャケットとして活躍していたもので、アルファ・インダストリーズ製のものが多く流通しています。他にもスカイラインクロージング等の軍納入業者のものも存在しています。
元々、フライトジャケットとして使われていたときはもちろんこのレッドリボンは付いていませんでした。それがファッションとして流通しだしたときにフライトジャケットという名残を残すためとしてこのレッドリボンがつけられたのでは、と言われています。

レットリボンは取る?取らない?

比較的取ってきている人が多いようですが、取らずにそのままアクセントとして使っている人もいるようです。海外でも取らずに着ている人がちらほら。これは本当に着る人の好みなので、付けたままだからダサいとか、取ってるからダメとかそういった決まりはないようです。
個人個人で楽しんでみてください。